« 先行きが不安…番付発表延期に力士ら戸惑い | Main | 年金型の二重課税 »

2010.07.28

菅首相、北方領土元島民の孫らに会わず

J12_001


北方領土の元島民の孫ら中学生7人が、領土問題の早期解決を訴えるため、首相官邸を訪れた。
 例年は首相が面会するが、今年は菅首相ではなく、仙谷官房長官が応対した。中学生からは「2秒でもいいから首相に会いたかった」「首相に思いを伝えたかった」という声が出た。
 北方領土に関する中学生の表敬訪問は1971年から、93年を除いて毎年行われている。首相の代わりに官房長官らが対応したのは、海部内閣の組閣当日に重なった89年、イラクのクウェート侵攻直後だった90年、安倍首相(当時)が参院選で全国遊説に出ていた2007年の3回だけだ。
 内閣府によると、菅首相は「日程上困難だ」として対応しなかった。しかし、中学生の訪問時には執務室にいて、来客はなかった。

|

« 先行きが不安…番付発表延期に力士ら戸惑い | Main | 年金型の二重課税 »

「つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75509/48993995

Listed below are links to weblogs that reference 菅首相、北方領土元島民の孫らに会わず:

« 先行きが不安…番付発表延期に力士ら戸惑い | Main | 年金型の二重課税 »