« July 29, 2007 - August 4, 2007 | Main | October 7, 2007 - October 13, 2007 »

August 26, 2007 - September 1, 2007

2007.08.30

遼、片山に弟子入り…

A26_000
フジサンケイクラシック(山梨・富士桜CC)で男子プロゴルフツアー2戦目に臨む石川遼=杉並学院高1年=が、連覇を目指す片山晋呉=イーグルポイントGC=に“弟子入り”したことを明かした。前夜祭で受けた3年連続賞金王の激励を力に、世界への飛躍を目指す。第1日は深堀圭一郎=フォーラムエンジニアリング=、宮里優作=富士フイルム=と午後12時5分に10番からティーオフする。
 日本の第一人者の言葉は、とても重いものだった。コース近くのホテルで行われた前夜祭。修学旅行などで3日間でも練習を休むと不安になると石川がもらすと、全米プロ後15日間クラブを一切握らず連覇へ挑む片山がズバッと返した。
 「オレもボールに当たらない。でも1週間握らないでやりたい気持ちを高めている」
 うれしかった。石川にとって片山は「ゴルフに対する考え方、スイングの原点を持っている選手。尊敬している」と言う目標の選手の1人。練習場で見かけた時に緊張のあまりあいさつだけに終わったが、前夜祭で勇気を振り絞って声をかけた。すると、ほかにも精神面について約10分アドバイスしてくれた。
 一方の片山も、突然の“弟子入り”懇願を大歓迎。「世界で学んだことを伝えるのはウエルカム。惜しみなく教える」と笑顔を見せた。身長171センチと小柄ながら世界の舞台で奮闘を続けるだけに「今の飛ぶアマチュアが30代くらいになったときに世界で勝てるんじゃないですか」と石川を念頭に置いた言葉も口にした。後継者育成に協力は惜しまないつもりだ。
 心の支えを得た石川だが、やや疲れ気味。午後から予定していたハーフの練習ラウンドを疲労の影響で取りやめた。代わりに、中尺パターを使って左手首がシャフトと一体化するようにストロークを矯正したほか、ショットを含めて約3時間半調整。「いい感じで盛り上がっている。早く試合に出たい。最大限に自分の力を発揮したい」と抱負を語った。無欲で無印だった初戦とは違い、注目度No.1で迎えるプロ2戦目がいよいよ始まる。
 ◆あややガックリ あややもダフ屋もガックリ!? プロアマ戦に出場したタレントの松浦亜弥が、石川に会えず悔しがった。日テレ系で「あややゴルフ」(水曜・深夜)という番組を持っているが「すれ違いもしなかったです」とションボリ。井上和香も「彼は年下だけど格好いい。会えなくて残念です」と話していた。
最寄りの富士急行線・河口湖駅にはダフ屋が出現。招待券や前売り券を安価で販売するもので、大都市圏での大会ではよくある光景だが、地方開催では異例だ。もっとも、前年比184人増の903人が来場したが“売れ行き”はイマイチ。「遼クンが来るから初めて来たけど、さっぱりだね」と肩を落としていた。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« July 29, 2007 - August 4, 2007 | Main | October 7, 2007 - October 13, 2007 »