« July 1, 2007 - July 7, 2007 | Main | July 29, 2007 - August 4, 2007 »

July 22, 2007 - July 28, 2007

2007.07.24

大賀蓮

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本の爆弾投下訓練は北朝鮮を想定

0724
自衛隊による戦後初の爆弾投下訓練は北朝鮮を狙ったもの・・・・
 「連日の爆弾洗礼、日本は軍事力抑制から抜け出す」と自衛隊が先月西太平洋の孤島で500ポンド(約227キロ)爆弾を投下する訓練を行った。
 これは一見普通の軍事訓練だが、日本としては防衛目的の軍事訓練のみを許容する憲法の規定を越える非常に重大な事件というわけだ。
 とりわけ最新型のF2戦略爆撃機がグアムから240キロ北方の外国の島まで飛んで爆撃訓練を行ったことには「非常に挑発的で意味深いメッセージが込められている」この爆撃機はおそらく北朝鮮のある地点に爆弾を投下して帰還する訓練を行ったものと想像される。
 このような攻撃的軍事訓練に対する心配の声に対して日本は、「爆弾投下は防衛のためのもの」という詭弁を展開している。訓練を行った航空自衛隊の司令官は「爆弾投下は常に攻撃を意味するものではない。爆弾は防衛のためにも使用可能だ。われわれはその訓練を重点的に行っている」と奇怪な論理を展開した。
 軍事的タブーを破り始めた日本の行動について、北東アジアの安全保障の軸を日本に任せようとする米国の戦略的支援によるものと指摘する。最近5年間で自衛隊は米軍の一部のようになり、両国は緊密な軍事関係を維持している。
 日本はインド洋に護衛艦と燃料供給船を待機させ、アフガニスタンの米軍や他国の軍隊を支援している。イラクではクウェートから飛来する米軍とともに、物資運搬の支援を行っている。
 今回の訓練は日本と米国がグアムで行った初めての訓練であり、日本で今後導入が有力視されている最新鋭のF22戦闘機なら、日本の北部からグアムまで2700キロを給油なしに飛行できる。今回の訓練に参加した自衛隊のパイロットは「一気に攻撃できる」として露骨に自慢した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 1, 2007 - July 7, 2007 | Main | July 29, 2007 - August 4, 2007 »