« June 10, 2007 - June 16, 2007 | Main | June 24, 2007 - June 30, 2007 »

June 17, 2007 - June 23, 2007

2007.06.21

フジモリ元大統領、参院選出られるの…ペルーで波紋広がる

002_1
日本の国民新党がチリで自宅軟禁中のフジモリ元ペルー大統領に参院選出馬を要請したことが、同氏の身柄引き渡しを求めるペルー政府や帰国を待つフジモリ派などに波紋を広げている。
 フジモリ氏は前日の出馬要請に対し、「出馬がペルー国民に与える利益を分析している」と述べ、即答は避けた。だが、出馬を受諾すれば、日本とペルーの関係が再びこじれかねないほか、ペルー国内での「フジモリ離れ」が加速することになる。
 フジモリ氏は日本、ペルー両国籍を持ち、日本の総務省によれば、代理人が立候補を届け出れば、チリに滞在したままでも出馬は理論的に可能という。
 しかし、ペルーへの身柄引き渡しの是非を審理しているチリ最高裁はフジモリ氏のチリからの出国を認めていない。同裁の法律顧問は今月7日、フジモリ氏の身柄を引き渡すべきだと判事に勧告、同裁は8日、国外逃亡や日本大使館に逃げ込む恐れがあるとするペルー政府の訴えも考慮し、同氏の自宅軟禁を命令した。日本の外務省も「チリの司法手続きを見守る」としている。
 一方、ペルー政府関係者は、出馬要請を「引き渡しを逃れるための策」と非難。ガルシア大統領は現在、トレド政権時代にフジモリ氏の引き渡しを巡って悪化した対日関係の改善に努めているが、出馬となれば、両国関係に再び水をさす可能性もある。
 また、フジモリ派内でも出馬への反対論は強い。フジモリ氏の実弟で国会議員のサンティアゴ・フジモリ氏は、「出馬には反対する。彼はペルーで政治の道を全うすべきだ」と主張した。
 フジモリ氏はペルー大統領在職中(1990~2000年)、超インフレに陥っていた経済を立て直し、失業、貧困、治安対策で成果を上げたが、2000年に側近の野党議員買収疑惑が発覚して失脚、日本に事実上亡命した。05年11月には、ペルー大統領選を目指してチリに入国した。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

2007.06.17

バイト経験者、年金入力ミス認める 「自分のせいでは」

0616
「自分のせいではないかと、不安で仕方がない」。社会保険事務所で年金記録の入力作業のアルバイトを経験した45歳の男性はこう打ち明けた。社会保険庁の年金記録問題が報道されるたびに、男性は20年以上前の学生時代のことを思い出す。個人のデータをコンピューターに入力するために書き写す重要な作業。しかし、その実態はずさんだった。
 ■「穐澤」を「カメザワ」に
 23年前の夏。都内の社会保険事務所の一室に、8人ほどのアルバイト仲間が座っていた。ほとんどが大学生。30代か40代とみられる主婦も1人いた。
 「みなさんはこれから重要なデータを扱います。くれぐれも外部に漏らさないよう、お願いします。分からないことがあったら何でも聞いてください」。職員から求められた誓約書に印鑑を押した。
 机に山積みされた記録を1件1件用紙に書き記した。報酬額、年金番号、名前、住所、誕生日……。10件ほど続けると、細かな字で目が疲れた。
 漢字をカタカナに変換するため、何度か名前の読みを職員に確認した。職員は面倒くさそうに「思い当たるのを書いておいて。多少違っても、年金番号で一致するから」と言った。当時、「穐」という字が「あき」と読めなかった。「穐澤」という名前に「カメザワ」と記したことが今でも忘れられない。
 日給は交通費別で6、7千円。職員から「できるだけ頑張ってください」と言われただけで、処理件数のノルマもなかった。「いいねえ学生は。責任ないもんね」。そう言われたこともあった。土日を除く約4週間のアルバイトで20万円近く稼いだ。
 「自分のやってきたことが年金受給者に影響を与えていた気がしてならない」と男性は言う。

 ■職員も「ずさんだった」
 当時を知る社会保険庁の職員も、アルバイトを使ったずさんな入力作業を認めた。
 厚生年金の記録は月給とほぼ同額の「標準報酬月額」という形で残されている。その額は毎年、夏前に決まり、大きな変動がなければ1年間変わらない。
 85年以降にオンライン化されるが、その前は、夏になると大量の記録を整理するため、事務所によって5~10人のアルバイト学生が集められ、ほぼ1カ月間、手作業による事務処理が行われた。作業は、会社から送られた社員の報酬額などの記録を個人単位の用紙に書き写すこと。
 その用紙は各事務所から社保庁に集められ、コンピューターに入力された。性別の違いや前回の記録との重複などをコンピューターで確認。不都合があった場合には「事故記録」として元の事務所に戻った。
 事務所には毎年、事故記録のリストが束状になって戻されてきた。だが、確認作業に時間がかかることから、処理されないまま放置されることもあったという。これらが、5千万件にのぼる「宙に浮いた」記録の一部になっている可能性もある。
 「元資料と照合しないので、年金額に直結する標準報酬月額が正しいかどうかは分からない。年金番号を間違えていたら、記録が空白になる可能性もあった。今から考えるとずさんだが、当時は結果まで考えていなかった」。職員はこう反省している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 10, 2007 - June 16, 2007 | Main | June 24, 2007 - June 30, 2007 »