« February 26, 2006 - March 4, 2006 | Main | March 12, 2006 - March 18, 2006 »

March 5, 2006 - March 11, 2006

2006.03.11

真央ちゃん、逆転ならず2位

金妍兒が初優勝
 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権第4日はスロベニア・リュブリャナで女子フリーを行い、ショートプログラム(SP)2位からの逆転優勝を狙った浅田真央(グランプリ東海ク)はジャンプが決まらず97・25点と得点が伸びず、合計153・35点で2連覇はならなかった。
 2003年に太田由希奈(同大)、04年は安藤美姫(愛知・中京大中京高)と続いていたこの種目での日本勢の連覇は3でストップ。SP1位の金妍兒(韓国)が177・54点で初優勝し、シニアを含めて韓国初の世界チャンピオンになった。
 浅田は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が1回転半となり、終盤のジャンプでもミスが出た。金妍兒は3回転―3回転の連続ジャンプを決めたほか、表現力を評価する5項目でも高得点を挙げ、浅田に24・19点の大差をつけた。
 SP16位の武田奈也(東京・日本橋女学館高)がフリーで挽回して129・09点で4位、SP6位の沢田亜紀(京都・京都外大西高)は126・15点で5位だった。
 浅田真央「今シーズンで一番悪い出来だった。ノーミスでできなかったのが悔しい。真央はジャンプだけで、ジャンプを失敗したら負けちゃうけど、向こうはスケーティングが上手だった。ヨナ(金妍兒)はいいライバル。一緒に頑張っていければと思う」
 金妍兒「ジャンプで少しミスがあったが、高い得点が出てうれしい。大会前にスケート靴に問題があり、足首を痛めていたが、勝ててよかった。シニアデビューする来季へ向けてはジャンプをもっと安定させ、表現力を高めたい」

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2006.03.10

フジ、ライブドアと絶縁

日枝会長「必ず賠償請求する」
 フジテレビの日枝久会長は保有するライブドアの株価が下落し、約335億円の巨額の含み損が出ていることについて「損害賠償請求は必ずやる」と強硬な姿勢を示した。これまで経営支援などを含め「あらゆる選択肢」を模索してきたフジだが、これで完全にライブドアに見切りをつけた形。大株主のフジに突き放されたライブドアにとって、再生への道はますます険しいものになりそうだ。
 フジテレビがライブドアに“絶縁宣言”だ。日本民間放送連盟会長としての記者会見の後、報道陣に囲まれた日枝会長は、含み損で損失が確定した場合、ライブドアを相手取り「必ず損害賠償を求める」と明言。続けて「賠償を求める相手を支援することはありえない」と強烈な三下り半を突きつけた。
 保有する同社株については「支援するところに渡すかもしれない」とライブドア買収に手を挙げる外資系企業などに譲渡する可能性も示唆したが、あくまで「手を組むことはない」と強調。株を譲渡する際には、ライブドア現経営陣の意向も踏まえ、譲渡先を決める方針だ。
 フジは昨年、ニッポン放送株争奪戦の和解金としてライブドアに440億円を出資。1株当たり329円で取得した同社株は9日現在、78円まで急落し、フジは約335億円の巨額な含み損を抱えた状態だ。
 今回、日枝会長が示唆した賠償請求策について、経済評論家の高木勝・明大教授は「残された選択肢の中で、最もあり得る手段」と分析。「請求が通ったとしても、トータル的に大損の出資に間違いない。だが、何も対応しないまま損失が確定すれば、自社株主から代表訴訟を起こされるリスクも大きかった」と指摘した。
 東京地検特捜部は14日に堀江容疑者らを証券取引法違反(粉飾決算)の罪で追起訴する見通し。フジは追起訴を受け3月末までに正式に態度を決める方針だ。
 堀江色を脱し、再生の道を探るライブドアだが、高木教授は「上場廃止が避けられない状況で、大株主のフジにも見限られては、今後の経営は厳しいと言わざるを得ない」との見方を示した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.09

琴欧州初休場も

0309春場所12日初日
右ひざじん帯痛めシコも踏めず
 大相撲春場所で初優勝を狙う西大関・琴欧州=佐渡ケ嶽=に休場の可能性が出てきた。2日のけいこ中に痛めた右ひざじん帯の回復の遅れは予想以上。この日、大阪・松原市の佐渡ケ嶽部屋で行われたけいこでも、シコすら踏めない状態。師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇・琴ノ若)はけいこを見てから最終判断することを示唆した。最悪の場合は、2002年九州場所の初土俵以来、初の休場となる。
悲願の初賜杯を目指す琴欧州が一転、休場のピンチに陥った。2日に兄デシ・琴光喜との申し合い中に伸ばした右ひざじん帯。当初は2、3日様子を見ながらけいこを再開する予定だった。だが、7日になっても、まだシコも踏めないほど。状態は思わしくない。テーピングの上にサポーターを巻き負傷以来、初めて土俵に入り、若い衆相手にぶつかりげいこをしたが、足には力が入っていなかった。
 「早く相撲ができるようになりたい」けいこ後は笑顔を見せたが、痛みについて聞かれると「難しい質問だね」と、返答を避け自室へと消えていった。
 琴欧州本人は出場に意欲を見せている。だが、けいこを見守った師匠の佐渡ケ嶽親方は「本人の気持ちを尊重しないと」とした上で「明日の朝げいこ前に痛み止めの注射を打ってもらい、けいこをさせてから決める。ひざに力が入ってなければ言いますよ。休ませる可能性はある」と、8日の内容次第では休場させることを示唆した。
 3年前の春場所では、場所入り前に今回と同じ右ひざを脱臼したにもかかわらず、強行出場。序二段で6勝1敗の好成績を残すなど、驚異の回復を見せた。今場所も出場すれば、ある程度の成績を残すだけの実力はある。だが、師匠は「徹底的に治さないといけない。今後の相撲人生は長いので。たとえカド番になっても地力があるから」。自らも現役時代、左ひざの慢性的な痛みと闘ってきただけに、無理をさせたくない親心を口にした。将来を見据えた勇気ある休場の選択肢が、大きくなりつつある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.08

亀田興毅22歳で「3階級制覇」

0308今秋計画世界戦ライトフライ級も視野
 両国国技館でプロ10戦目に挑むプロボクシング“浪速の闘拳”亀田興毅=協栄=が今秋にも計画する世界挑戦のターゲットを、本来のフライ級だけでなくライトフライ級にも広げる計画が明らかになった。トレーナーで父の史郎さんが明言した。これを受けて亀田は「22歳までに3階級制覇やったる」と豪語。果てしない夢へ、両国からスタートを切る。
世界はフライ級だけじゃない。史郎さんは1階級下のライトフライ級にも照準を合わせることを断言した。「今、フライのチャンピオンの日程がどうなるかわからへんやろ。そやから、ライトフライも見とこう思とるんや。チャンスができれば1階級下げて行かせるよ」デビューから一貫してフライ級での世界奪取を掲げてきた。ライトフライ級への挑戦は大幅な路線変更だが「何事も最初が肝心なんや。最初に逃したら何もならへん。チャンスがあるところへ行くのは当たり前やん。ファーストインパクト(強烈な第一印象)を与えなあかんのや。ディープやないで」と力説した。
 確かにWBA、WBCともフライ級の王者は先が見えない状況にある。WBAのロレンソ・パーラ=ベネズエラ=は昨年12月5日のV5戦から進退すらはっきりしていない。また、WBCは正規王者ポンサクレック・ウォンジョンカム=タイ=と暫定王者ホルヘ・アルセ=メキシコ=の統一戦を待つ必要があるが、開催の見通しは立っていない。こうした王者の行き詰まった状況から1階級下への挑戦を史郎さんは考えたのだ。
 問題はウエートだ。50・8キロ以下のフライ級と48・9キロ以下のライトフライ級の差は1・9キロ。亀田にとって経験のない減量を強いられるが「問題ないよ。今でもちょっと食わんとすぐに体重落ちるしな」と不安を一蹴。その上で「ライトフライから世界取れば、22歳で3階級制覇行くよ」22歳までの3年間でスーパーフライ(52・1キロ以下)までを制圧する日本人初の3階級制覇という、壮大な野望を明かした。
 デッカイ目標へ、WBC世界フライ級13位のカルロス・ボウチャン=メキシコ=との試合が出発点になる。「5回までには倒すよ」予告KOで3階級制覇へのスタートを切る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.07

亀田家専用の“虎の穴”完成

プロボクシング“浪速の闘拳”亀田興毅=協栄=のプロ10戦目(8日・両国国技館)を前に、東京での新拠点が誕生した。協栄ジムの金平桂一郎会長は都内に合宿所を設立したと発表。リングなどの練習場を完備する合宿所は事実上、亀田家専用の“虎の穴”だ。両国で亀田と対戦するWBCフライ級13位カルロス・ボウチャン=メキシコ=は同日、都内で公開練習を行った。
 ついに“亀田ハウス”が東京に誕生した。都内に設立した合宿所は2階建てで、1階がリングを設置した練習場。「協栄ジムの合宿所ですが事実上、亀田家専用の練習場になります」と金平会長は明かした。
 昨年4月の協栄ジムへの移籍から、亀田は自宅のある大阪との往復が頻繁になった。ジム近くにマンションを借りたが、テレビ出演などの上京が相次ぎ、東京でジム以外に腰を据えて練習する“虎の穴”を作ることは急務だった。そこでジム側は合宿所の設立を決断。2月に完成し、今月から長男・興毅はもちろん、デビュー戦を終えた二男・大毅も本格的に使用している。
 「今まで東京と大阪の往復が多くてかなり負担になっていましたから、合宿所ができたことで安心して東京でも練習することができるでしょう」と金平会長。すでに横浜光ジムが千葉・鹿野山、18古河ジムは静岡・下賀茂に合宿所を持つなど、ジム以外に合宿所を設立する動きは拡大している。ただし、亀田家の本拠地はあくまでも生まれ育った大阪。父・史郎さんも「基本的には東京と大阪を往復する今までのスタイルは変わらへん」と話した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.06

永田議員よ多摩川で花見をしなさい!

0306ドクター・コパが開運アドバイス
 永田議員よ、桜吹雪と名湯でよみがえれ。風水による家相・方位・インテリア学の第一人者で、1級建築士のDr.コパ氏が「堀江メール」問題で苦境の永田寿康衆院議員に向け、復活へのアドバイスを送った。同氏によると、永田議員は今春、東京都と神奈川県の境を流れる多摩川沿いで花見を行い、東京・瀬田温泉につかることで、男としての再起が可能だという。
「立て! 立つんだ寿康」―。とばかりに、Dr.コパ氏が永田議員へ貴重な提言を行った。生年月日など永田氏の基本情報に目を通したコパ氏はまず「全体的に悪いところが全くない。本当にいい人。今回はだまされましたね」と断言した。
 ただし一点だけ気になるところがあるという。永田議員の運勢は「2月4日から抜群に悪い。特に情報、行動、表現関係にトラブルが出やすい」とコパ氏。確かに永田議員が「堀江メール」を手に入れたとされるのは2月上旬。、意気揚々と質問に立ったまでは良かったが、小泉首相からはすぐに「ガセネタ」呼ばわりされ、入院、謝罪、党員資格の停止と続き、揚げ句の果てには懲罰動議。散々な目に遭った。
 こんな落ち目を救う方角が「南西」だという。日本と留学先のロサンゼルス、千葉県の自宅と永田町など、「東西」の移動が多い永田議員は「若いときから頭角を現す一方、直情型で瞬間湯沸かし器的なマイナス面がある」とコパ氏。そこで「南西です。二子玉川あたりの河原で花見をし、桜吹雪を浴びるのがいいでしょう」。
 時代劇「遠山の金さん」も象徴する桜吹雪には「過去を清算し決断する」という意味があるという。そして「瀬田温泉(東京・世田谷区)がいいですね。アパートでも借りて、ゆっくりつかってはいかがでしょう」。同温泉は水戸徳川家の屋敷跡でもあり「本当の男になれる」とした。
 このアドバイスに永田議員の事務所関係者は「そうですか…。私も見てほしいぐらいです」と納得の様子。なお、永田議員が2日、国会で武部幹事長に謝ったときに締めていたピンクのネクタイは、風水的にはタブーで、今後は「厄を落とす」ラベンダー色がお薦めだとコパ氏はアドバイスを送った。
 いずれにしても「彼は必ずまた復活できる。若くて、なにせいい男なんですから」(コパ氏)。爆弾男といえども、このエールをムダにしてはいけない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.05

民主 フリー記者を訴える

鳩山幹事長が示唆も実名明かせるの?
 「堀江メール」問題で、民主党の鳩山由紀夫幹事長は両院議員総会で、永田寿康衆院議員にメールを仲介したとされる「フリー記者」について、「何らかの法的措置をとることも考えなければならない」との認識を示した。また、永田氏と仲介者の間で「金銭が動いた」と指摘している自民党の平沢勝栄衆院議員について、鳩山氏は「一切、そういうことはない。永田氏への再確認は必要だが、平沢氏へのなんらかの措置を考えないといけない」と語った。
 民主党は、永田氏にメールを仲介したとされる「フリー記者」を「加害者」と指摘。法廷の場で、“ガセネタ”を提供した意図などを問いただしていく方針を示した。
 永田氏が「身の危険を感じている」として名前の公表も拒否してきた「フリー記者」が、結局は民主党に致命的な大ダメージを与えた。前原誠司代表は記者団に対し「メールが堀江容疑者からのものでないと断定した以上、堀江容疑者からのものだといって情報を提供した人物を守るべきではない、と判断するのは当然。法的措置をとる場合は、名前も含めて公表を検討する」と語った。
 ただ、鳩山氏は定例会見で「法的措置に対しても『メール問題検証チーム(座長・玄葉光一郎幹事長代理)』で議論していく」とした上で、「慎重に事実関係を把握することが必要」とも強調した。
 民主党としては、「フリー記者」の素性を明かすことで、党の“失点”を減らしたいところ。しかし、党のホームページなどでは官製談合や耐震偽装問題などの情報提供を求めている最中。“ガセネタ”を提供して名前が公表されるという事態が発生することで、重要な情報提供が寄せられなくなる悩ましさもある。
 「寄せられた情報の裏づけをとって、国会で論陣を張ることも大事」と鳩山氏。今回の情報提供者があくまで意図的な「加害者」であることを慎重に確認するとした。
 また、民主党と同じ「堀江メール」を入手した平沢氏が、永田氏と「フリー記者」の間に「金銭が動いたと理解している」と指摘していることについて、鳩山氏は、両院議員総会では「一切、そういうことはない。平沢氏へのなんらかの措置を求めたい」と語った。
 ただ、その後の定例会見で改めて金銭の授受について質問されると、「『お金は渡っていない』という永田議員の言葉を信じたいが、しっかりとした裏づけをとらねばならない」と、いきなりトーンダウン。一方で「民主党からは一切、お金は渡っていない。そこだけは100%の事実として申し上げる」と付け加えた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 26, 2006 - March 4, 2006 | Main | March 12, 2006 - March 18, 2006 »