« February 13, 2005 - February 19, 2005 | Main | February 27, 2005 - March 5, 2005 »

February 20, 2005 - February 26, 2005

2005.02.26

藍ちゃんいきなり9アンダー

20050224-02319830-jijp-spo-thum-001豪州デビューの宮里藍が、大会&自己タイとなる9アンダー、63をマーク。ぶっちぎりの単独首位に立ち、第1回女子ワールドカップに続く優勝に向けて好発進した。2位は3打差、オーストラリア女子ツアー2週連続優勝を狙うキャサリン・ハル。3アンダーのローラ・デービース、2アンダーの元米女子ツアー賞金女王のカリー・ウェブらを後方に置き去りにし、藍ちゃんが突っ走る。
 最終9番、4メートルのバーディーパットを外した瞬間、天を仰いだ。それまで淡々と、時には笑みを浮かべながらラウンドしてきた藍が、最後の最後で一瞬、悔しさをむき出しにした。さわやかな藍スマイルで同組のウェブ、ハルと握手し、自己タイ、大会タイ記録の63でホールアウト。2位に3打差をつけた、ぶっちぎりの単独首位にも「(後半1番からの)4連続バーディーあたりから(新記録を)狙ってたから残念。こんなチャンスなかなかないので、決めたかった」。常に高みを目指す、これが藍の強さだ。
 前回63を出したのは、昨年日本女子ツアー・ミズノクラシック最終日。猛チャージで2位に浮上し、その試合で1億円突破を決めた。この時の原動力となったのが、目標とするアニカ・ソレンスタムと予選でラウンドした時に聞いた言葉だった。「18ホールすべてでバーディーを取れると信じること」。女王の信条に感銘を受けてのバーディーラッシュ。その言葉は今も生きている。その通りできれば54という前人未到のスコアになる。この数字を入れた「Ai54」というのが、ワールドカップから海外用に使っている新サインだ。
 W杯優勝、そしてこの日の快進撃と、女王の精神が受け継がれている。99年第1ラウンドでウェブが立てた大会記録にも並んだ。この米ツアー元賞金女王を相手に、2ホール以外ティーショットはすべてアウトドライブ。飛距離でも大きく飛び越えた。ウェブは63を出した大会で、26アンダーの優勝を遂げている。
 「きょうはたまたまパットが良かっただけ。明日からはまた本来目標の1日3、4アンダーで行きますよ。そんなにうまくいかないですよ」。藍はそう謙遜(けんそん)したが「ワールドカップの優勝が自信になった。というか、自信にしなきゃもったいないでしょ」とも。貫録たっぷりの笑顔に、未来の女王誕生の予感がした。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.25

桑田と清原

kk巨人・桑田真澄投手が23日、宮崎キャンプの紅白戦に初登板。紅組の先発として2イニングを投げ、打者6人を“完封”した。2回には8年ぶりとなる盟友・清原との直接対決を実現させ、カーブで見逃し三振に。5安打された白組の先発・工藤とは明暗。開幕ローテ入りをほぼ確実とした。
 堀内恒夫監督の“予言”はただのヨイショではなかった。マウンドで躍動する桑田の姿は昨年とは別人だ。速球主体の投球で高橋由のバットを真っ二つにへし折れば、ローズはズバッと内角速球で見逃し三振。97年2月20日の紅白戦以来、実に2925日ぶりとなる清原との対戦も制し「思いっきり投げられたし、楽しかった」と余裕の笑顔を見せた。
 昨秋の“引退勧告”から一転、今春はべた褒めを続けてきた堀内監督も「制球がいい。去年みたいなスピードのない球じゃない。キレもいいし、期待できるんじゃないか」とあらためて絶賛。桑田本人は「今できることを精いっぱいやるだけですよ」とかわしたが、プロ20年目の今季は清原とともに復活なるか。 

飛ばないボールもワイには関係ない!! 豪語していたその言葉に偽りはなかった。今季から飛ばないボールを導入した巨人で最初にアーチをかけたのは、やはりこの男。主力組の白組「4番・一塁」で出場した清原和博内野手(37)が、チーム第1号本塁打を放った。
 紅白戦、4回裏の第2打席だ。2死走者なしから、シコースキーの外より142キロストレートをたたくと、高々と描いた放物線が左翼席に突き刺さる。昨年突きつけられた戦力外からはい上がり、堂々の4番スタートを切った男が、その実力を存分に見せつけた。
 「清原? いいんじゃないか。シンでとらえれば彼らには関係ないよ」。実戦3試合目で初の本塁打が飛び出しニンマリしたのは堀内監督。新ボールへの不安がささやかれていたとき、清原は「力のないやつのホームランが減るだけや」と言い放っていたが、チーム第1号で力の証明をするあたりに、キャンプの順調ぶりをうかがわせた。
 気合の五厘刈りでキャンプインした頭は、今もテカテカ光ったまま。宿舎にバリカンを持ち込み、3日に一度、自分で刈り込む“儀式”で今季にかける気持ちをキープし続けている。清原は試合後、「桑田? いい球がきていた」とだけコメント。2回の桑田とのKK対決で三振を喫したことだけを話し、本塁打については一切語らなかった。
 群がる報道陣に「道をあけてくれや」とニラミを利かせて球場を後にしたが、その背中は、完全復活への自信にあふれていた。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2005.02.24

四国リーグ

0222001567四国各県1チームが所属し、4月に開幕する野球の独立リーグ「四国アイランドリーグ」運営会社「IBLJ」(東京)の石毛宏典代表が高知市内で記者会見し、各チームのユニホームなどを発表した。「これからがスタートと気が引き締まった」と意気込みを語った。
 ユニホームは各チーム1種類。上はそれぞれのチームカラーを基調とし、ズボンは白のシンプルなデザイン。胸にはチームのロゴが入っている。またマスコットキャラクターは、ロゴも手掛けたデザイナー松下進さんのプロダクションが制作。各県の歴史や産物をモチーフにし、名前は公募する。
 また今季の試合日程も発表。4月29日の愛媛―高知(松山中央公園野球場)を皮切りに、10月16日まで計180試合を実施。17試合の球場が未定だが、確保のめどは立っているという。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.23

また見つかったダルビッシュ

05012105daruMT243120日本ハムのドラフト1巡目ルーキー、ダルビッシュ有投手が喫煙していた問題で、同投手が在学する東北高は事実関係を確認し、停学処分とすることを決めた。停学処分になれば、3月1日に予定されている卒業式に出席できないという。
 那覇市内のパチンコ店で喫煙していたことが発覚したダルビッシュは、千葉県鎌ケ谷市の球団寮での謹慎処分を科されたため、この日沖縄から帰京した。ダルビッシュが羽田空港に到着すると、あっという間に人だかりができた。手荷物を待つ間にはサイン攻めに気さくに応じたが、出口から出てきたダルビッシュはノーコメント。人垣をかき分け、足早に車に乗り込んだ。問題を起こしても、相変わらずの人気ぶりを見せつけたが、自慢の剛速球は、当分お預けになりそうだ。

1986年8月16日生、大阪府松原市出身。194センチ、84キロ。右投げ右打ち。羽曳野小2年から軟式野球を始める。中学時代に「全羽曳野ボーイズ」で硬式野球に転向。中学3年春に全国大会8強に進出した。中3夏には全日本代表に選出され、世界大会3位に貢献。高校は1年春からベンチ入り。高校2年のセンバツでは背番号1で甲子園初出場。初戦の浜名高(静岡)戦で1失点完投勝利を挙げるも、3回戦の花咲徳栄高(埼玉)戦で6回6失点で敗れた。2年夏の甲子園では、3回戦の平安高(京都)戦で11回完封勝利を挙げるなど、東北高校を準優勝に導いた。3年春は、1回戦の熊本工高(熊本)相手に、選抜史上12人目の無安打無得点試合を達成。8強に進出した。3年夏の大会は、1回戦の北大津高(滋賀)、2回戦の遊学館高(石川)と2試合連続完封。3回戦の千葉経大付高(千葉)で延長10回の末、3対1と敗れたが、9回2死まで無失点と26回3分の2イニングス連続無失点を続けた。甲子園通算は、12試合に登板して、92回、87奪三振、15自責点、防御率1.47。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.02.22

長嶋茂雄

063脳梗塞から復帰に向けてリハビリテーションを続ける長嶋茂雄巨人元監督が20日、69歳の誕生日を迎えた。
 球団関係者によると、長男の一茂氏ら家族が東京都内でパーティーを開き、元監督は、69歳を示す大6本、小9本のケーキ上のろうそくの火を自ら吹き消し、楽しい時間を過ごした。
 発症してから間もなく1年がたつが、現在は右足の歩幅が大きくなり、自然な歩き方ができるほどまでに回復が進んでいるという。
早く回復した姿を見たいものだが・・・焦らず慌てずゆっくり治療に専念して欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.21

新庄の顔面直撃

shinjo日本ハムの新庄剛志外野手がキャッチミスで顔面にボールを直撃。思わず苦笑いだ。
 本来なら、この日が実戦スタートの新庄。予定されていた紅白戦が雨天中止で物足りない新庄は、室内練習場でお気に入りの“森本いじり”となった。紺田とキャッチボールをする森本の背後に忍び寄り、満足顔をしていたところへ、紺田の投げたボールがそれて“大事な顔”に一直線。飛んでくるボールをキャッチしようとしたが「イテ!!」。捕り損ねた新庄は、左ほおを押さえてうずくまる。一瞬の出来事に現場は一時騒然となった。
 日本ハムの“顔”に、ボールをぶつけてしまった紺田は顔面蒼白で平謝り。照れ笑いを浮かべる新庄に、ホッと安どの表情を浮かべる紺田。森本は「(落ち込んでいるのは)おれよりも紺田。新庄さんは大丈夫ですよ」。幸い、大事には至らずひと安心だ。
 ファンはこの日、新庄の野球パフォーマンスを見られずガッカリ。しかし、ファン以上にガッカリしたのは新庄自身の方か。紅白戦(東風平)では、集中力とナイスキャッチで、ファンに“名手健在”をアピールする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.20

落合監督怒った

0202dragons1“春雷”だ。北谷組が練習休みだった読谷組は北谷の室内練習場で練習。挟殺プレーで若手選手がイージーミスを連発すると、視察した落合博満監督が練習を中断させ、約10分間、厳しい声で叱責した。返す刀で、痛めた右手首検査のため、帰名を希望していた仲沢忠厚内野手に「沖縄に戻ってこなくていい」と名古屋待機を命じた。2年目を迎えた落合竜、連覇へ厳しさもハンパじゃない。
 この日の落合監督の一日をひと言で表すならば「怒」だ。向上しようとする選手、必死で上に行こうとする選手は、何があっても徹底的にかばい、しごき、期待をかける。しかし、集中力を切らしたプレー、緩慢な動作、時間つぶしのような練習は、我慢ができないのだ。
 北谷組の休みを利用して、この日も落合監督は北谷球場の室内練習場で読谷組が練習する挟殺プレーをじっくりと視察した。
 「おい、ちょっと集まれ」防護ネットの裏で腰掛けていた落合監督が突然立ち上がり、選手を集めた。若手選手が繰り広げる判断ミス、悪送球、走塁ミスの連発に、ついに怒りが頂点に達したのだ。それから約10分。全選手に対し、こんこんと野球の基本を説いた。
 「練習のための練習ならしなくていい。集中力を切らすな。野球というのは全員が1つのボールに集中するゲームなんだ。それができないから1軍に上がってこれないんだぞ。意識をもっと高く持ってくれ」
 石川、堂上、仲沢ら、緩慢なプレーが特に目立った選手一人ひとりを名指しし、基本の大切さを訴えた。
 投手を中心とした守りは、落合野球の根幹をなしている。守備、走塁、そしてこの日のような挟殺プレーの一つ一つが、ゲームになれば勝敗の大きな分かれ目となる。昨季のリーグ優勝の原動力は強力な投手力と言うが、実は守備力もそれに負けないだけの貢献度がある。セ・リーグの最少失策記録(45)をマークし、ゴールデングラブ賞を6人輩出した。黄金時代を築くためには、この読谷組の成長が不可欠となる。
 「怒」の表情は、ほどなく消えた。目の色を変えて練習に取り組む選手の動きを見て、落合監督は満足そうに球場を引き揚げていった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 13, 2005 - February 19, 2005 | Main | February 27, 2005 - March 5, 2005 »