« August 14, 2005 - August 20, 2005 | Main | August 28, 2005 - September 3, 2005 »

August 21, 2005 - August 27, 2005

2005.08.27

小沢一郎氏「自民の心臓をひと突きする」

0827今選挙戦で新党結成の“黒幕説”も流れるなど、常に政界再編のキーマンとして注目を集めている民主党・小沢一郎副代表がこのたび、スポーツ報知のインタビューに答え、「先頭に立って自民党の支持基盤に殴り込んでやる」と政権獲得への意気込みを語った。小沢氏はまた、「この2、3年が自分自身の政治の集大成」と告白。“剛腕”が、いよいよ「最終戦」のマウンドに上がる。
◆総選挙序盤戦の展開について
 ―小泉首相の造反組に対する“刺客攻撃”ばかりが注目され、民主党が埋没している感は否めない。
 「そこが小泉首相のけんか上手なところだ。人の目を引くパフォーマンスをバンバン出してくる。今の時点では、国民が小泉マジックに何となく乗ってしまっている。その点、民主党は受け身になって、うまくパンチを繰り出せない状況じゃないか」
 ―民主党はどう対抗すべきか。
 「パフォーマンスで競おうとしてもダメだね。相手は権力を持っているし、パフォーマンスのテクニックではかなわない。民主党が出すべきパンチは、きちんとした理念と政策だよ。正々堂々、政策論争に誘うことだ。米大統領選のような公開討論もひとつの手法だ。岡田(克也)君は代表なんだから、思い切って踏み込んで、論戦を挑めばいい。僕も『遠慮するな』と言っている。あの小泉首相と戦うには、必殺のKOパンチを出さないとね」
 ―必殺パンチとは?
 「郵政改革もそうだが、大事なことなのに、自民党が結論をいい加減にしているものが他にたくさんある。民主党がパシッとその結論を示せば、国民は小泉首相のパフォーマンスがくだらないものだと分かる。そういうふうに、おふざけと、本当のまじめな政治とを対比させて見せればいい」
 ―小泉首相はかなり前から、この時期に選挙をやるつもりで仕掛けていたのではないか。
 「僕もそう感じている。郵政法案が否決にならなくても、屁理屈(へりくつ)をつけて選挙をやったんじゃないか。最初から選挙をしたいと思い、造反議員をどうしてやろうかと、考えていたのではないか。月光仮面と悪役を、有名人を使うことによって、シンプルに対比させる。確かにうまい。話題になるでしょ。マスコミがそれに乗るということを分かり切ってやっている。その点はたいしたものよ」
◆小沢流選挙戦術
 ―今回の選挙は、民主党にとって政権交代の最大のチャンスでは。
 「の、はずなんだ。ただ、僕の年初の見方では、来年の9月に総裁任期切れで小泉政権が変わり、選挙は来年の暮れ以降か、再来年に衆参ダブルか。最初は、そういうスパンで考えていた。この2、3年が、自分自身の政治の集大成という考え方もあった。国民にとっても、本当に真剣に日本の進路を考える最後の機会だと考えていた」
 ―選挙が早まってしまったが。
 「もちろん、今回も全力でやる。今回、一発で政権を取れれば一番いい。仮に取れなかったとしても、本来目標に置いていた次の総選挙を含めた『最終戦』に全力を傾ける」
 ―小沢さん自身は、どんな戦術を考えているか。
 「僕の役割は、自民党の強い選挙区に殴り込むことだね。それも、1期生と新人の選挙区を中心に回る。自民党を支持してきた有権者を、民主党へ引っ張りはがしてくることができるのは、僕以外にいないだろう。敵は総理大臣という地位があり、近代兵器を装備しているが、こっちは竹槍。狙いすまして、心臓をひと突きという感じじゃないと倒せない。あえて戦の最前線に出て、敵の重厚な守りの所に先頭に立って乗り込んで、自民党の支持基盤を崩してやる」
◆選挙後の政界の展望
 ―新党日本、国民新党とのかかわりは。
 「新党日本の田中康夫知事については、新党発表のちょっと前に、知事周辺からそういう意向を聞いた。国民新党の綿貫(民輔)さんからは、特別な話はなかった」
 ―2つの新党についてどう考えるか。
 「基本的に、小さいグループをいっぱい作ってもダメだよ。足を引っ張り合うだけで、戦にならない。すぐに誰かリーダーが『反小泉』を呼びかけて大同団結していたら、大した勢力になっていたと思う。そうしたら、僕も話し合う余地はあった。権力者を倒すには、団結しないといけない。戦略として、僕は少し考え方が違っていた」
 ―選挙後の新党との連携の可能性は。
 「連携というほど大きくないからな(笑い)。ただ、小泉政治をストップさせようと思う人はみんな、その意向で首班指名に臨めばいい。岡田と書いてもいいよという人を、いらないという必要はない。まあ、自公と民主のどちらも過半数を取れないような、ちょぼちょぼの結果が出れば、それはそれで面白いね」
 ―どうなりますか?
 「合従連衡がどういう組み合わせになるかは、まだ分からない。いずれにせよ、結果が出てからのことだ。結果がちょぼちょぼになったら、またいらっしゃい(笑い)。その時に話すから」
 ―そうなれば、小沢さんの出番ですね。
 「ああ、それは当たり前だ。最大のチャンスだからね。ただ、今は単独過半数を目指して頑張る。あとは選挙の結果が出てからの話だよ」
 ◆小沢 一郎(おざわ・いちろう)1942年5月24日、岩手県水沢市生まれ。63歳。慶大経済学部卒。69年、27歳で自民党から衆院初当選。衆院議運委員長、国家公安委員長、自治相、党幹事長などを歴任。93年6月に自民党を離党、新生党を結成し代表幹事。94年12月、新進党を結成し幹事長に就任。95年12月、新進党党首に。98年1月、自由党を結成し党首に就任。03年9月、自由党が民主党と合併。現在は民主党副代表を務める。当選12回。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2005.08.26

「数合わせ」批判に長谷川氏泣き入れた

朝からドタバタ「日本」の夜明けはいつだ!? 長野県・田中康夫知事が代表を務める新党「日本」は国民新党を離党した長谷川憲正参院議員が、日本に移籍したと発表した。会見は田中代表の都合で異例の午前6時50分にスタート。議員が5人となり、めでたく政党となった同党だが、同議員の数合わせ的な行動に報道陣からは批判的な質問が連発。長谷川氏からも「苦しい台所事情に注目しないで…」と“泣き”が入った。
会見場に集まった約50人の報道陣から「ふあぁー」あくびの声が連発した。午前6時50分。「おはようございます」と入場した日本の田中代表は、「新しいメンバーです」と5人目の党員となった長谷川氏を紹介した。
 長谷川氏のあいさつが終わり、質疑応答になると眠気からくる怒りなのか、報道陣からはわずか1週間で自民党から国民新党、そして日本へと「くら替え」を連続した同氏と田中代表に批判的な質問が相次いだ。
 「選挙互助会ではないのか」「なぜ国民と分かれて活動するのか理解に苦しむ」などの集中砲火に「自民、公明も協力しているが別の政党。自公も合体すればいいってこと?」とやり返す田中代表。長谷川氏も「日本が5人目がなかなか見つからない中で、私が入って早く政党としてスタートした方がいいと判断した」と説明したが「台所事情にではなく、これからに注目して下さい」と弱音も飛び出した。
 だが長谷川氏の“来日”によって日本は「政党」と格上げとなった。公職選挙法の規定で、政党には5人以上の議員が必要。結成当時4人しかいなかった同党は、衆院選に出馬する候補が小選挙区と比例選に重複立候補ができない状態だった。
 結成以来、田中代表があいさつ回りで門前払いを食らうなどドタバタ劇が続く日本。だが「知事と代表の両立」が課題とされる田中知事も早朝会見後、午前7時52分東京発の新幹線で長野へ帰って同10時から公務をこなすなど“けじめ”はつけている。
 この日、晴れて政党となったことで今回の選挙に、より影響力を持つことは間違いない。だが「寄せ集め」である印象は、まだぬぐい去れない。会見後、恒例となった「チーム、ニッポン!!」と腕を突き上げるポーズの際、第5の男・長谷川氏がテレビカメラの前でタイミングを外し「NG」を出す始末。新・政党に不安が見え隠れした一瞬だった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.08.25

高橋尚子、米でハーフマラソン出場

シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子(ファイテン)が9月4日に米バージニア州バージニアビーチで行われるロックンロールハーフマラソンに出場することになったと、大会主催者が発表した。米コロラド州ボールダーで合宿中の高橋は11月20日の東京国際女子マラソン出場を表明したばかり。
 ゲストでの参加をのぞくと、2時間27分21秒で2位に敗れ、アテネ五輪代表を逃した2003年東京国際女子マラソン以来の公式レース出場。本格的に走るハーフマラソンは、シドニー五輪前の2000年札幌国際ハーフマラソン以来となる。
 高橋は「マラソン練習を始めたばかりですが、東京国際の約2か月前のハーフマラソンに刺激と調整のため、急きょ、出場することに決めました。5年ぶりに真剣に走るハーフマラソンで頑張りたい」とコメントした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.24

慎太郎都知事「神風映画」製作総指揮

0824石原慎太郎都知事が製作総指揮を務める映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」(新城卓監督)の企画発表が東京・紀尾井町の赤坂プリンスホテルで行われた。戦時中に兵隊の心の支えとなった“特攻の母”の目を通した青春群像を描くもので、脚本も担当する知事は準備に約8年間かけたという。公務と並行して製作に携わり、2006年初春にクランクイン、同年公開予定。
映画は、敗戦色が濃くなる中で特攻基地となった鹿児島・知覧町が舞台。“特攻の母”と慕われた実在の鳥浜トメさん(92年死去、享年89歳)の目を通し、「お国のため」と散ってしまった若者、一方で自責の念を抱えながら生き残った者たちの青春群像を描いていく。
 石原都知事が映画製作に直接携わるのは、今作でもメガホンを執る新城監督「秘祭」(98年)の原作を手掛けて以来。「菩薩のようなトメさんが亡くなった時、当時首相の宮沢(喜一)さんに『国民栄誉賞をあげてほしい』と言ったが『どなたですか、きりがありませんからね』と一蹴された」その時の怒りがいまも収まっていない。
 都知事が25、26歳ごろにトメさんと初めて会い、以来、亡くなるまで交流を続けてきた。これまでにも多くの“特攻映画”が作られてきたが「どこか偏った作品ばかり。ずっと違うな、と思ってきた」。一番の発言権を持つ製作総指揮という肩書には「いつの間にか、そうなってたんだ」と、とぼけてみせた。
 「君ら記者とは頭が違うんだ」。脚本は公務が休みの昨年暮れ「3回書き直したが、いつも心に留めていたから数日でできた」と一気に仕上げた。気になる配役については「これが難しい。トメさんは仏様。そこまで成熟した演技力ある人いるかね? 具体名は最大のヒミツだよ」と答え、報道陣を煙に巻いた。
 一方、新城監督は「都知事の作家としての純粋で繊細さを伝えたい。石原さんは現場に口出してくるだろうが、あくまで監督は私だ!」と早くもけん制?し合う場面もあった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.23

亀田まず東洋!06年11月真の王者へ

0823東洋取ったで!! “浪速の闘拳”亀田興毅=協栄=が4度のダウンを奪う劇的な3回TKOで王者ワンミーチョーク・シンワンチャー=タイ=を倒し、東洋王座奪取に成功した。プロ8戦目で東洋の新王者に就いた亀田は、来年11月に迎える20歳の誕生日での世界奪取へ、一直線に突進する。亀田は2003年のプロデビューから無敗の8勝7KO。初防衛に失敗したワンミーチョークは20勝9KO7敗。
マッハの速度で亀田の左が東洋王者を突き刺した。「ええタイミングやったな」開始41秒の電撃カウンターがKOショーの始まりだった。続く57秒に右フックで2度目のダウン。「あとはいつ一発入れたろかと思っとった」。3回にその時は来た。16秒で倒すと、怒とうの7連打。王者が倒れ込んだ瞬間にレフェリーが試合を止めた。
 18歳9か月。プロ8戦目での東洋王者が誕生だ。父・史郎さん(40)に肩車された新王者は「世界に向かって頑張ってますんで、応援よろしくお願いします」と慣れない敬語で頭を下げた。“浪速の闘拳”が見せた、まっさらの感動だった。
 大胆なビッグマウスと、3兄弟が世界王者を目指す話題性で注目を集めた。露出が増えるほど「本当に強いの?」という声が業界の内外で高まっていた。8戦目で東洋挑戦。テーマは「証明」だった。雑音を封じるために難関に挑んだ。金平桂一郎会長は言う。「堂々の勝利で完全に実力を証明した」。あの辰吉丈一郎もプロ4戦目で日本王座を奪取し力を認めさせた。亀田もカリスマと呼ばれた辰吉と同じ道を歩む入り口に立った。
強さの源は兄弟3人が世界王者へ向かう一家の団結だ。方針は「注目されながら勝つ」。ビッグマウスにも露出を拡大するち密な計算がある。吠えれば敵は増えることも分かっているが「なんぼでも文句言うヤツは言えばええがな。オレはオレのことをやるだけや」と亀田流を変えるつもりはない。試合後、報道陣に迫った。「明日の扱いはデカいんか? 頼むで」このどん欲さが闘拳のパワーだ。
 今回の勝利で世界ランクが挑戦権を得られる15位以内に入ることは確実。目標の20歳での世界奪取に大きく前進した。「世界まであと3試合やな。カウント3や」と史郎さん。東洋のベルトは腰に巻かなかった。「腰に巻くのは世界だけって決めとる。はよおやじに世界のベルトをプレゼントしたいわ」日本で一番熱い親子が、頂点目指し世界へ突進する。
 ◆亀田 興毅(かめだ・こうき)1986年11月17日、大阪・西成区生まれ。18歳。4歳から空手を始める。ボクシングは11歳から。2002、03年に全日本実業団連覇。03年全日本社会人選手権フライ級を、当時大会最年少の16歳10か月で制覇。アマ戦績は17戦16勝(12KO)1敗。03年12月21日、1回KOでプロデビュー。166センチの左ボクサーファイター。弟の大毅(16)は来年1月のプロデビューを目指し、和毅(14)は北京五輪を目標としている。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.08.22

ホリエモン優勢!?亀さんタジタジ

日本中が熱い視線を送る直接対決が早くも実現した。広島6区から無所属での衆院選出馬を表明したライブドアの堀江貴文社長はフジテレビ系の番組「ワッツ!?ニッポン」に生出演。国民新党の亀井静香元自民党政調会長と争点の郵政民営化について「なんで反対するのか100%わからない」などと激しい舌戦を繰り広げた。テレビ出演後には、選挙区内をくまなく歩いて回り、連日のフィーバーを巻き起こしていた。
 ちょっぴり殊勝だった前日の出馬会見とは打って変わり、ホリエモンが亀井氏を相手に一歩も引かない舌戦を展開した。
 堀江氏はこの日、フジテレビ系の「ワッツ!?ニッポン」に広島県福山市内のスタジオから生出演。同じく広島県三次市内の事務所から出演した亀井氏と“初対面”を果たした。出馬会見では「亀井氏? 一立候補者の一人という認識しかない」などと無関心を装っていたが、一夜明けて戦闘モードに突入。
 序盤はおとなしかったものも徐々にヒートアップ。争点の郵政民営化に話題が及ぶと、ボルテージは最高潮に達した。まず「亀井さんは郵政民営化の反対派の急先ぽうじゃないですか。なんで反対するのか100%わからない」と挑発。「山の中の郵便局がなくなる」と主張する亀井氏に対し「なくなることはない。コンビニで代替できる」と真っ向から反論した。
 さらに、亀井氏が「民間企業では料金が上がる」と発言すると、堀江氏は「思いこみ。下らない考えを言わないで」とピシャリ。68歳のベテラン政治家を相手に、互角以上の戦いぶりを見せた。
 堀江氏の迫力に気おされたのか、亀井氏は「お金の力で何でもできると思っている」と批判を政策外に展開したが、それも「言いがかりですよ」と一蹴。やられっぱなしの亀井氏も、堀江氏が「私が来るとかなりのマスコミが来て、6区のいろんなところが紹介される」と言うと「思い上がりだね」とやり返す場面もあった。
 “第1ラウンド”を終えたホリエモンは「まったく論戦にならない。かみ合ってない話になってしまい残念です」とコメント。“口げんか”に手応えをつかんだのか、充実した表情で広島行脚へと向かった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.08.21

新ウイルス、週明けは要警戒 ウインドウズ欠陥狙う

米マイクロソフトが公表したばかりの基本ソフト(OS)の欠陥を狙う新しいコンピューターウイルスが、米国などで広がり、米連邦捜査局(FBI)が捜査に乗り出した。国内での感染報告は少ないものの、多くの企業の夏休みが終わる週明けに向け、警戒が必要だ。
 米国ではCNN、ニューヨーク・タイムズなどメディア各社や自動車大手ダイムラークライスラーなどで、コンピューターが勝手に電源落ちと再起動を繰り返す症状が出た。「犯人」はZotob、Bozoriなどと呼ばれるウイルスと考えられ、感染すると外部から遠隔操作されるといった危険がある。
 マイクロソフトは今月9日にOS「ウィンドウズ」の欠陥を公表。同時に修正ソフトも公開したが、ウイルス対策大手マカフィーの日本法人によると、16日には既に、この欠陥を悪用するウイルスの最初の感染が米国で報告された。ウィンドウズの欠陥を狙ったウイルスでは、ブラスター(03年)で欠陥公表から1カ月後、サッサー(04年)で2週間後に最初の感染が報告された。今回は、公表からウイルス出現の期間が極端に短いことと企業の夏休みが重なり、米国などで被害を比較的大きくしたようだ。
 マカフィー緊急ウイルス対策チームの本城信輔さんは「同じ欠陥を狙うウイルスはこれからも出現する。休み明けに出社したらまず、ウィンドウズのアップデートをしてほしい」と話している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 14, 2005 - August 20, 2005 | Main | August 28, 2005 - September 3, 2005 »