« January 9, 2005 - January 15, 2005 | Main | January 23, 2005 - January 29, 2005 »

January 16, 2005 - January 22, 2005

2005.01.22

ミイラ発見

tp0122カイロ近郊の「ダハシュール北遺跡」を調査している早稲田大学古代エジプト調査隊(吉村作治隊長)は、古代エジプト第13王朝(約3800~3600年前)ごろのものと思われる、未盗掘の彩色木棺とミイラを発掘したと発表した。埋葬されていたのは「セヌウ」という名の行政官。これほど古い時代のミイラが、完全に密封された状態で発見されたのは極めて珍しいという。
 木棺(縦182センチ、横57センチ、高さ105センチ)が見つかったのは今月5日。地下約5メートルにあった。全体が黄色で彩色され、表面には水色のヒエログリフ(聖刻文字)で被葬者の称号と名前が記されていた。中のミイラは青や赤の色が鮮やかなマスクをつけ、全身が布で包まれていた。埋葬地の上には約3300~3100年前と思われる別の墓が造られていたため、盗掘を免れたとみられる。吉村隊長は「これほど古い時代のミイラが完全に密封されて見つかるのは珍しく、学術的に高い価値がある」と話している。
 ギザ南23kmに位置するダハシュールには、第4王朝の創設者スネフェル王(クフ王の父)によって造営されたとされ、軍事基地があるダハシュールに残るピラミッドが2つあり、1つは南のピラミッド「屈折ピラミッド」、2つ目が北のピラミッドで「赤のピラミッド」です。2つのピラミッドのひとつ屈折ピラミッドは、ギザの第1ピラミッドを造ったクフ王の父親であるスネフル王によるもの。このピラミッドはほぼ半分の高さのところから傾斜角度が変わり屈折している。角度は下部が約54度、上部は約43度。これ以前に造られたピラミッドが崩れたため、建設途中で角度を変えたともいわれているが定かではない。スネフル王は同時期にメイドムの崩れピラミッド、ダハシュールの赤のピラミッドも建設したという。崩れピラミッド、屈折ピラミッド、赤のピラミッドを経て、息子であるクフ王がギザのピラミッドを造った、というのも興味深い。
 もうひとつの赤のピラミッド創建時には218.5m x221.5m、高さ104.4mあったらしい。傾斜角43度36分。正三角錐の真正ピラミドで最古、勾配が緩やかなのが特徴赤色の石灰岩製です。ピラミッド表面の化粧石がはがれて出てきた石が赤いことから、赤のピラミッドと呼ばれています。入口は、北側、高さ約30mのところにあり、長さ約76m、急勾配27度36分の梯子のような下降通廊を経て、水平通廊になり第1前室は8.35mx3.6mの長方形の部屋、高さは12.3m、その部屋から3mの通廊の先に第2前室、第1前室とほぼ同様の大きさで、同様の構造、、南側の壁の高さ約7.7mのところに水平通廊があり木の階段が設置されておりこの水平通廊は長さ約7.3mで、その先に玄室でしょう第3の部屋があります。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2005.01.21

岩隅・楽天イーグルス

TKY200412240273楽天はオリックスから金銭トレードで獲得した岩隈の入団を発表した。年俸は3倍近い1億1500万円増の1億8000万円。球団はこれを元に出来高と2年の複数年を付け加えて総額4億円を提示し、礒部の2年総額3億円(出来高を含む)を上回り、球団最高年俸となる。背番号は近鉄時代と同じ「21」。岩隈は「年が明けた気持ち。開幕投手を目指したい。目標は昨季とれなかった防御率のタイトルと、背番号と同じ21勝」と意気込みを語った。これで66選手と契約。同席したキーナートGMは「デザートではなく、最後に本当においしいものが来た。うちのエース。投手陣を引っ張ってもらいたい」と期待を込めた。  
 楽天の投打の柱がそろって新球団での飛躍を誓った。近鉄と合併したオリックスから金銭トレードされる岩隈は、埼玉県内のゴルフ場で始動。近鉄の藤井寺球場で自主トレ中の礒部も、元気な姿を報道陣に公開した。
 「新たなスタートということで気持ちよく始めたい」。昨季のパ・リーグ最多勝投手はゆっくりと走り始めた。軽いキャッチボール、筋力トレーニングまで約2時間半、じっくり体を動かした。
 移籍希望がなかなか認められなかった今オフはほとんど体を動かしていない。それでも、焦りはない。「キャンプインまでに60%に仕上げたい。もちろん開幕投手を狙います。今季の目標は20勝と昨季逃した最優秀防御率のタイトル」と言い切った。
 礒部は、一緒に楽天入りした藤井やオリックス入りした阿部真ら、古巣の同僚らと約1時間半、トス打撃などで体をほぐした。「すごく新鮮な気持ち。やるからにはプレーオフ進出を目指したいし、個人的にも昨年以上の成績を残したい」。選手会長だった近鉄時代に続き、新チームでもリーダーシップを求められるだけに、表情を引き締めていた。
 一方、オリックス・バファローズの来年のカレンダーが球団直営店やインターネットで発売されている。球団の顔である新年最初の1月のページを飾るのは、楽天へ移籍した岩隈だ。例年は11月中旬にカレンダーを発売していたが、今年は近鉄との統合に伴う楽天との分配ドラフトが11月8日にあったため、印刷を始めるのが遅れた。新ユニホームでの撮影もできず、選手らは写真ではなくイラストで登場している。さらに、楽天への移籍を希望していた岩隈の説得に失敗して、統合球団の顔を失うことになった。
 球界再編騒動のなごりを残すカレンダーはヒットするか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.01.20

スギ花粉症

000「ものすごい着花量」「スギ花粉が連続的に観測された」 医師や花粉専門家らによる全国各地の花粉症研究グループと連携しているNPO花粉情報協会には、福岡、山口、兵庫、栃木、山形などから報告が相次いでいる。東京・品川など都市部でも、まだ量は多くないものの花粉飛来が確認された。 「今春は全国的に多く、平年の2~2・5倍。少なかった今年の10~30倍で、観測史上最大だった95年を上回る可能性もある」と予測する。
 スギは前年夏が空梅雨で猛暑だと花芽がよく育ち、花粉飛散量が多くなる。特に7月~8月初めの日照時間が影響する。気象庁によると、昨年7月の日照時間はほぼ全国的に平年を上回り、特に太平洋側は北海道から九州まで平年の1・4倍以上のところが多かった。
 スギ花粉症の発見者として知られる神尾記念病院(東京都千代田区)の斎藤洋三顧問によると、最近は症状や持病、生活様式に合わせて抗ヒスタミン剤やステロイド剤など薬を選択できるようになってきた。「今春は花粉が多いので、薬を併用して効果を上げたい。シーズン前から服用し、症状が弱くなっても続けることが重要」という。
 今春に間に合うかは微妙だが、鼻の粘膜表面をレーザーや薬品で焼く治療法や、極微量の花粉抽出液の注射を繰り返し症状を和らげる減感作療法もある。
 外出時にマスクやゴーグルを着用したり、帰宅時にうがいや目の洗浄をしたりする予防策も効果的だ。
 衣服に付いた花粉の屋内持ち込みも要注意だ。花粉症の人の96%が屋内でも花粉に悩んでいた。花粉が非常に多い日に1時間外出すると、セーターに付着する花粉は約10万個に上った。飛散時期は空気が乾燥して静電気が発生しやすく、はたいてもなかなか落ちにくい。 晴れて風が強いなど花粉が特に多くなる日は、表面が滑らかで花粉の付きにくい服を着たり、静電気防止スプレーを使ったりすることで持ち込みを減らせる」。
 鼻やのどから花粉が入ると、体の免疫機構が働き、鼻の粘膜にある肥満細胞が防御態勢を整える。そこへさらに花粉が入ると、体外に追い出そうと肥満細胞が炎症を起こすヒスタミンなどを分泌、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状を招く。発症するかどうかは体質や健康状態による。風邪と違い、のどの痛みや発熱はあまり見られない。

| | Comments (13) | TrackBack (5)

2005.01.19

鈞ちゃんチーム

photoタレントの萩本欽一さんが監督を務める硬式野球クラブチーム「ゴールデンゴールズ」の入団“オーディション”が東京都の明大野球部グラウンドで1月8日、9日と2日間あった。
 萩本監督、元巨人の鹿取ヘッドコーチらが見守る中、女子選手3人を含む約80人が参加し、守備、打撃、走塁のテストを受けた。早速、03、04年の女子野球世界選手権で2連覇を達成した全日本メンバーの片岡安祐美二塁手(熊本商高3年)や、昨季でオリックスを退団した副島孔太外野手ら4人の合格が決まり、欽ちゃんから「決定!」と祝福されていた。
 関東地区を拠点とする同チームは、クラブチームとして日本野球連盟に登録し、都市対抗出場を目指す。スポーツキャスターの青島健太氏(元ヤクルト)が新潟県魚沼市に設立するチームなどとリーグ戦を組む構想もある。
 プロ野球巨人の清原和博選手もゴールデンゴールズの入団「オーディション」に姿を見せた。チームのアドバイザーでコピーライターの糸井重里さんの仲立ちで実現した。
 「我が軍の大砲が来たよ」と興奮気味の欽ちゃん。清原は「もう1年はジャイアンツでやりますから」と「入団」はやんわり否定したが、「(自主トレに)選手が来てくれれば、鍛えますよ」。
 入団が決まった女子の片岡安祐美選手を紹介されると「テレビで見たけど、いいスイングをしている」。いつもこわもての番長も笑顔でべた褒め。
 「ゴールデンゴールズ」が3月1日、プロ野球の楽天ゴールデンイーグルス2軍と宮崎県日向市で練習試合をすることが決まった。
 田尾監督がパーソナリティーを担当するニッポン放送のラジオ番組で、萩本監督が直談判。春季キャンプ地が同じことから実現した。
 「プロは緊張して負ける」と萩本監督が挑発すると、田尾監督は「若手は名前売ろうと一生懸命やる」と受け流した。プロアマ話題の「ゴールデン」対決はいかに。

| | Comments (2) | TrackBack (4)

2005.01.18

バイト出身のCEO

00米マクドナルドは同社の前社長兼最高経営責任者(CEO)のチャーリー・ベル氏が、故郷のオーストラリア・シドニーで結腸直腸がんのため死去したと発表した。44歳だった。ベル氏は同社にアルバイトで入り、昨年4月に経営トップに上りつめた。CEO就任の翌月にがんが見つかり、療養のため、昨年11月に退任していた。
 ベル氏は15歳の時、シドニー店でアルバイトを始め、19歳でオーストラリア最年少の店長になった。20代で欧州の出店事業を担当し、29歳で取締役に就任した。その後も駆け足の昇進を続け、04年4月に当時のカンタルポ会長兼CEOが急死したのに伴い、43歳の若さでCEOに就任、アルバイト出身のCEOとして話題を呼んだ。
 同社のマッケンナ会長は「チャーリーは、入院中や化学療法を行っている最中でも、誇りと決断力を持って会社を率いてくれた」と死を悼んだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.17

Yahooオークション

「Yahoo・オークション」で、昨年末から「デジタルカメラの購入代金を振り込んだのに品物が届かない」という被害が相次いでいる。被害は全国で約300人、2000万円を超えるとみられ、全国各地の利用者が「被害者の会」を結成。被害届を受理した愛知県警などが詐欺容疑で捜査を始めた。
 被害者らによると、訴えが相次いでいるのは「dvdgekiyasu」という会員IDの出品者が売り出した小型デジタルカメラ。市場価格が3万~5万円の機種を1万~1万5000円割り引いた価格帯で、毎月数千台出していたという。
 出品者は、競り落とした利用者にメールで銀行口座と自分の携帯電話番号を伝えて代金を振り込ませていた。昨年11月以降、オークションのホームページに「商品が届かない」「出品者と連絡がつかない」といった苦情が次々に寄せられるようになった。
 昨年末、被害に遭った名古屋市の会社役員らが中心になり、東京、大阪、神奈川、京都など各地の被害者らと会を結成。ネットで情報提供を求めたところ、約290人から被害報告があったという。
 被害者の会は、ヤフー株式会社(東京都)にも防止策を講じるよう求める方針だが、ヤフー側は「(出品と購入の)自由度の高さがインターネット・オークション市場の特性」「被害防止は、利用者の自己責任が前提だ」として、慎重な利用を呼びかけるにとどまっている。
 愛知県警によると、昨年1年間にインターネット・オークションに絡む詐欺被害の届け出は約900件、金額で約8200万円に上り、03年の522件、約5300万円を大幅に上回った。振込先の口座や携帯電話の番号が分かっても、偽造保険証などを使って開設されているケースが多く、本当の連絡先にたどりつくのは困難という。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.16

越県合併

yassy長野県山口村と岐阜県中津川市の県境を越えた合併について、麻生太郎総務相が週明けにも両市村の合併を決定する見通しとなり、月内に官報に告示し、正式に合併が決まる。両市村が期日に設定した2月13日に46年ぶりの越県合併による新中津川市が誕生する。
越県合併は1959年栃木県菱村が群馬県桐生市に編入されて以来。山口村のほか、岐阜県恵那郡の六町村が中津川市に編入される。
 この問題をめぐって、市町村合併反対が持論の長野県の田中康夫知事が合併について山口村の住民投票の結果や県議会の決議を無視し「たとえ少数の反対があれば・・・」と反対姿勢を明確にし、合併に必要な議案の県議会への提出を拒否した為に県議による提案、可決という異例の展開をたどっていた。
 合併の告示後に、両県で事務手続きの引き継ぎや財産引渡しが正式に進められることになる。
 これで昭和の合併の傷跡である、山口村にある神坂小学校と中津川市にできた神坂小学校がひとつになれる。気になるのは島崎藤村の生誕地が長野県から岐阜県になるのか?信州はどうなるのか?

田中康夫・長野県知事誕生で中心的な役割を果たした八十二銀行顧問の茅野實氏が、越県合併問題などをめぐる知事の政治手法を不満として、後援会顧問を辞め、同会を離脱する意向を固めた。来月中にも表明する。
 茅野氏は同行頭取時代の00年知事選で、官主導の県政に不満を示し、田中氏に出馬を要請。地銀トップの行動は衝撃を与え、田中知事当選の流れを作った。県議会の不信任決議に伴う02年の出直し知事選でも支持した。
 しかし再選後、住民票を長野市から同県泰阜村に突然移したり、越県合併の関連議案を提出しなかったりするなどの知事の行動に不満を示し、「パフォーマンスばかりで創(つく)ることができない」などとして、周囲に辞意を漏らしていた。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

« January 9, 2005 - January 15, 2005 | Main | January 23, 2005 - January 29, 2005 »