« May 8, 2005 - May 14, 2005 | Main | May 22, 2005 - May 28, 2005 »

May 15, 2005 - May 21, 2005

2005.05.21

工藤13K!セ界最年長完投

工藤公康すごい、偉い、工藤サマ~。3連敗の危機に、球界最年長投手が踏ん張った。初回からバッタバッタと三振の山を築き、40歳以上最多となる13K。最後のピンチも一人でしのいで、セ・リーグ最年長記録を更新する42歳0か月での完投勝利だ。阿部登録抹消の緊急事態を、決勝打で救った“新恋女房”村田も偉い。若いGナインも、オジサンに続け!
目をひんむいた。工藤の闘争心は、味方さえも火傷させた。3点の援護をもらった9回裏無死満塁の大ピンチ。たまらず阿波野投手コーチがマウンドへやって来た。1歳年下の投手コーチに続投の意思を問われた。「行きますよ!」けんか腰で追い返した。オレが片づける。絶対抑える。42歳が燃えた。
 ズレータに一発を打たれたら逆転サヨナラ負けの場面。カーブが2球続けてすっぽ抜けた。カウント0―2。とめどなく吹き出す汗。気迫で押した。続けた3球目のスライダー。左中間方向へのフライはスタンド手前で失速し中犠飛。カブレラの遊ゴロの間にも失点し、1点差まで詰め寄られたが、最後は宮地を一飛に仕留めゲームセット。「2点まではいい。3点取られない投球を心がけた」鬼のような表情が一変。お立ち台で最高の笑顔を見せた。
 ここ数試合、フォームが安定せず悩んでいた。それを払しょくしてくれたのは、交流試合という新たな歴史がもたらした福岡での登板だった。「初回にこのマウンドに立った時、あっ懐かしいと思ったんだ」思うままに投げられた95~99年のダイエー時代を思い出し、“ため”を十分つくってから投げる最高の工藤が回帰。かつての“まな弟子”城島が「あのおやじはたいしたもんだ」と脱帽するほどの出来だった。
力投する工藤  年齢から来る衰えを一切感じさせない。序盤は宝刀のカーブを巧みに織り交ぜ、初回から3回まで、城島以外すべて三振。4回、松中に2ランを打たれたがそれで動揺することなく、フォーク、スライダーなどほかの変化球も増やし、追加点を許さなかった。城島からKを奪っていれば全員三振のオマケもつくところだった。
200勝をマークした昨年8月17日ヤクルト戦以来の完投で4勝目。「『おじさん頑張れ』って野手の人が言ってくれたような気がしたんだ」と野手陣にも感謝した。投げるたびに記録を生む。42歳での完投勝利は大野豊を抜くセ・リーグ最年長。両リーグ通じても1950年11月12日、毎日・若林忠志以来55年ぶりだ。40代投手の1試合13奪三振は、自身の持つ12Kを更新した。
 堀内監督は9回裏、あまりのヒヤヒヤにベンチで固まったという。「工藤が投げてて、もう動けません。腰が抜けたんじゃないかと思った。恐るべき42歳だ」V9時代を支えたかつてのエースを震え上がらせるほどの激投。阿部、高橋由をけがで欠き、沈みかけていたチームを、42歳左腕が救った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.20

美姫はハードな日程

安藤美姫国際スケート連盟はフィギュアの来季のグランプリ(GP)シリーズ全6戦の出場選手を発表し、全日本選手権2連覇の安藤美姫(愛知・中京大中京高)は第5戦のロシア杯(11月24-27日・サンクトペテルブルク)と第6戦のNHK杯(12月1-4日・大阪)への出場が決まった。
 安藤は、GP上位6人が進出するGPファイナル(12月16-18日・東京)に出場すると、12月の全日本選手権までの5週間で4大会をこなすハードな日程となった。
 世界選手権5位の村主章枝(ダイナシティ)は第2戦のスケートカナダ(10月27-30日・セントジョンズ)とNHK杯に出場する。昨季の世界女王の荒川静香(プリンスホテル)は第3戦の中国杯(11月3-6日・北京)と第4戦のフランス杯(11月17-20日・パリ)となった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.05.19

岡本綾子の殿堂入り決定を発表

岡本綾子日本女子プロゴルフ協会は日米両ツアーで賞金女王になるなどした岡本綾子のゴルフ世界殿堂入りが正式決定したと発表した。
 日本からの世界殿堂入りは、樋口久子・日本女子プロゴルフ協会会長、男子の青木功に続いて3人目。岡本は東京都内のホテルで記者会見する。 米フロリダ州での世界殿堂入りの式典は、11月に予定されている。

岡本のゴルフ人生の軌跡を一言で表現すれば「一度目は挫折、二度目に成功」となる。典型的なケースは、国内のプロテストと米ツアーテスト。1974年(昭和49年)に最初のプロテストを受けたが、1打差で不合格。5カ月後、二度目で通った。米ツアーテストも78年の時は失敗し、再挑戦(81年)で成功――という具合だ。
日本女子プロゴルフ界を代表するトッププレーヤー。昭和50年の美津濃トーナメントで初優勝以来、日本女子プロ選手権をはじめ、数々の優勝に輝き、特に平成5年日本女子オープンでの優勝は県民に大きな感動を与えました。海外でも全英女子オープン優勝やアメリカ年間獲得賞金ランキング1位となるなど、「世界のアヤコ」として知られています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.18

野茂、真の大リーガー

野茂英雄日米通算200勝にあと2と迫っているデビルレイズ・野茂英雄投手が真のメジャーリーガーのステータスを勝ち取った。この日、メジャー登録日数が丸10年を迎え、メジャー殿堂入り候補資格、引退後の満額年金受給資格を日本人で初めて手にした。
 野茂が日米通算200勝の大記録達成よりひと足早く、新たな偉業を達成した。
 95年、日本人メジャーのパイオニアとしてドジャースに入団してから11年目。昨年まで9年と130日だった登録日数が開幕42日目のこの日、メジャーの1年に相当する172日となって丸10年の節目を迎えた。
 メジャーで「10年」働いたことは、一流の証しを意味する。日本球界では最高で年間142万円の年金が、62歳からなら満額の最高約1800万円(16万5000ドル)受給が確実となった。加えて「実働10年」が義務づけられている大リーグの殿堂入り候補者の資格もクリア。メジャー選手の誰もが目標にし、夢みる「ステータス」を、ついに日本人メジャー選手が初めて手にした。
 95年、トルネード旋風を起こし、2度の無安打無得点試合の偉業達成。輝かしい実績の反面、故障、不調から99年メッツで解雇も経験した。今季、4度目のマイナー契約でデビルレイズ入り。袖を通したメジャーのユニホームは6球団目となった。「ダメなら一からやり直せばいい。失うものは何もない」他人には分からない苦労。喜びもたくさん感じた。だからこそ言える言葉に野茂の人生が見える。
 「あと2」に迫った日米通算200勝の大記録。不運もありここ5試合、勝ち星から見放されているが、ベテランは冷静だ。「自分の勝ちよりチームの勝利。200勝は別に期待してくれなくていい」この日の記念日と同様、大記録も「通過点」としかとらえていない。
 若きチーム、デビルレイズのナインだけでなく、米国選手にも一目置かれる存在となった野茂。「いつまでも若い選手のようにやっていけたらいい」。大きな「勲章」を得たトルネードだが、心構えは裸一貫で飛び込んだ95年と変わらない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.16

高額納税者 藍ちゃん沖縄で4位

宮里藍国税庁は2004年分の確定申告で所得税額が1000万円を超えた高額納税者を全国の税務署で公示、上位100人を公表した。トップは約36億9000万円を納税した東京都内の投資顧問会社部長の清原達郎さん。企業経営者ではなく、サラリーマンが1位となるのは、現行の税額表示になった1983年分の公示以降初めて。
 10億円以上を納めた「大長者」は前年の2人から6人に、3億円以上も85人から107人に増えた。公示対象者も7万5640人と4年ぶりに増加に転じ、景気の上向き傾向をうかがわせた。
 清原さんは、担当するファンドの運用が好調で、成功報酬など推計所得は約100億円。2位は宇都宮市の前消費者金融会社会長斎藤成さんで、所得の大半は大手アイフルへの株譲渡益だった。3位はファーストリテイリング会長の柳井正さん。ユニクロの業績回復による増配で所得がアップした。
 上位100人の業種別で最も多かったのは、健康・美容関係17人で、女性を中心にした健康ブームを反映した格好。パチンコ関係は前年と同じ12人、ソフトバンクの孫正義社長らIT起業家は7人で、金融関係は6人だった。
 所得別では、主に株譲渡だった人は33人。給与は26人、株の配当は19人。バブル期には大半を占めていた「土地長者」は5人と今年も影を潜めた。
 歌手では、宇多田ヒカルさんが75位と2年ぶりランクイン。日本在住の外国人は、外資系証券関係者を中心に4人が100位入りした。
 国税庁によると、04年分の確定申告をしたのは約744万千人で、前年より約50万8000人増加した。
 藍ちゃん、税でも実力を発揮、国内ツアーで1今季初優勝を果たした女子ゴルフの宮里藍選手は9500万円を納税。沖縄県の高額納税者番付で4位に入り、実力を見せつけた。
 19歳の宮里選手はツアー本格参戦1年目の昨年、日本のゴルフ界で初めて10代の1億円プレーヤーに。今年も南アフリカでのワールドカップ(W杯)で優勝、オーストラリアの大会で2位になるなど活躍が続いている。
ソフトバンクの孫正義社長(47)や光通信の重田康光会長(40)、30代前半の起業家…。IT業界からは「古参」から「新顔」まで七人が名を連ねた。一時はIT危機がささやかれたこともあったが、復調ぶりを見せた。
 「ネット関連なら必ず株価は上がる」。1999年、将来への期待感が膨らみ、赤字会社でも株価が高騰したが、翌2000年にはITバブルが崩壊。長者番付でも01年分からIT起業家らは次々と姿を消した。
 孫社長は2年ぶりの番付復帰。30%余りを所有するソフトバンク株の配当が主な所得とみられる。若手ではネット通販「ネットプライス」の佐藤輝英社長が初の100位入り。昨年7月の東証マザーズ上場時に、所有する自社株1000株を売却し、この利益が所得を押し上げた。
 ことし西武ドームの命名権を獲得した情報通信サービス業「インボイス」の木村育生社長も新顔。「株主が得る価値を最大にする方針なので、役員報酬は受け取っていない。基本収入は株の配当」というスタンスを貫くが、昨年は自社株の売却益を手にした。
 2000年分で2位になった楽天の三木谷浩史社長は、今回600万円の差で100位から漏れたが、納税額は3億円を超えた。ライブドアの堀江貴文社長は納税額約1400万円。意外にも公示対象となったのは、今回が初めてとみられる。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

欽ちゃん球団、全国大会へ

鈞ちゃん
コメディアンの萩本欽一が率いる野球のクラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ」が群馬県太田市の太田運動公園野球場で行われた全日本クラブ選手権北関東大会代表決定戦で、全伊勢崎硬建クラブ(群馬)に7―2で快勝、9月にインボイス西武ドームで開催される全国大会出場を決めた。
 萩本は「欽ちゃんをこんなに喜ばせてくれたのは誰と誰と誰?」と目を潤ませ、「新しい夢列車、出発進行です」と話した。
 天候にも恵まれ、スタンドは約2500人の観客でぎっしり。萩本は盾を手に外野まで歩き、「一緒に西武ドームへ行こう」とファンに呼び掛けた。

ゴールデンゴールズのサイトはここです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.15

脱線惨事に募る無念 信楽鉄道事故14年 遺族ら追悼式

信楽42人の犠牲者を出した1991年の信楽高原鉄道(SKR)とJR西日本の列車衝突事故から14年がたった14日、滋賀県甲賀市信楽町黄瀬の事故現場近くの慰霊碑前で追悼式が催された。兵庫県尼崎市でのJR福知山線脱線事故の直後とあって、遺族らは「JR西の対応は以前と同じだ」と不信感を募らせ、遺族会の世話人代表らが「14年目の遺族の言葉」を表明、信楽の教訓が生かされなかった無念さとともに、命の大切さを訴えた。
JR西日本は14日の労使協議で、乗務員に過度の重圧を与えるとされる「日勤教育」を含めた乗務員教育の在り方を労使一体で見直す専門委員会を設置することで合意した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 8, 2005 - May 14, 2005 | Main | May 22, 2005 - May 28, 2005 »